清酒八重菊の仕込みも開始

八重菊の原点である、当時は江戸の徳川綱吉の時代、小川の米で、酒蔵の森田酒造さん、現在はその蔵を引き継いだ、石川酒造さんで、2月22に仕込みがはじまりました。三段仕込みの、いち段目にお伺いしました。米を蒸して、地下水と混ぜ、酵母を入れて発酵させる作業です。少ない量1/6でしっかり酵母に触れさせて、腐食を防ぎます。

そして同じ工程を繰り返しおこないます。(途中一日空けて、「踊り」の期間を設けます。これは、発酵をすすめるため)




32回の閲覧0件のコメント

© 二宮商栄会 Ninomiyastreet