​BOND フクヤ

いつ行っても新商品が並ぶと人気。実物を見ながらオシャレについて相談してみよう!

​経営哲学

1968年創業のBONDフクヤさん。創業当時は手芸材料全般を扱っていたが、時代の流れとともに現在は店舗販売と外商の両輪で経営をされている。

試着して服は買う

店舗にある商品の回転は早く、常連さんからも「この店はいつ来ても新しくてイイものがあるね」と評価が高い。色のキレイさはなかなか画像では伝えきれないが、実物を手に取って見て欲しい。
上記写真中央の色がキレイなチュニックニットベスト
価格:5,800円

笑顔はプライスレス

​BONDフクヤは現在二代目である佐藤博志氏と妹さんが事業を受け継ぎ経営している。妹さんは店舗運営。お兄さん(佐藤博志氏)は外商を担当している。社長である佐藤博志氏が外商でも販売していることで、販売チャネルが増え、店舗商品の回転の早さを生み出している秘訣だ。お二人の笑顔がこの店の魅力そのものとなっている。

あなたの街のセレクトショップ

ご年配の方から人気の高い​エトワール海渡の商品も多数取り揃えている。女性のお客様が多いがその商品選びは女性の気持ちが分かる妹さんが主に行っている。

ポップもチラシも手書きに

こだわる

お客様へのチラシも妹さんが心を込めて手書きで行っていいるため、とても暖かく優しさが伝わる。やっぱり手書きが落ち着きます。

おしゃれのなんでも相談室

​妹さんは家業のBONDフクヤを継ぐ前は実は大手アパレルメーカーにパタンナーとして勤めていた。その経験が今でも商品選びなどに役立っている。オシャレについて相談すれば、新し自分に出会えることでしょう。

© 二宮商栄会 Ninomiyastreet