御菓子司 菊屋

老舗菓子「菊屋」でほっと一息

文久二年創業。菊屋の味は代々受継がれた昔からの製法、秘伝を受け継いでいる。あんこは和菓子の命。それぞれに合ったあんこを五代目が日々煉り上げている。美味しさにこだわり続ける事が菊屋の伝統である。
煉切り(秋の音)
5代目主が一つひとつ丹精込めて作られた
人気の御菓子だ。
菊屋の商品ケースには、人気の商品から季節限定の色とりどりの商品が並ぶ。お彼岸や節句、年末年始にはイベントに欠かせない御菓子などの注文で賑わう。
菊屋の看板商品であきる野銘菓でもある、「縄文」リピーターも多く人気の御菓子だ。
先祖代々受け継がれる御菓子の型は、菊屋の貴重な財産。現代の職人さんよりも、昔の職人さんの型の方が良いと言うのは驚き!
 
5代目の主、井上泰樹氏。
和菓子の命であるあんこは、主が自ら作っている。
これからも伝統を継承していきたいと語る。

© 二宮商栄会 Ninomiyastreet